縦や横に長いデータをはみ出さずに印刷する方法

エクセルで縦や横に長い表を印刷するときそのまま印刷してしまうと、次のように意図しないところでページが変わってしまうことがあります。

見出しが1ページに収まらない

だからといって、以前にご紹介した「印刷するときに1枚に収める方法」をタメしても、次のように印刷した字が小さくなりすぎて、逆に見づらくなってしまいます。また、無駄な余白もできてしまいます。

小さすぎて見えない

このように無駄な余白を出さずにきれいに印刷したいときは、次の図のように見出しを1ページに収めて印刷すれば、見やすい資料になります。

見出しは1ページに収める

ということでこのページでは、縦や横に長いデータをはみ出さないように印刷する方法をご紹介します。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

【印刷画面から設定する場合】
① 印刷画面で「拡大縮小なし」をクリック
② 「すべての列を1ページに印刷」を選択
(横に長いデータの場合は「すべての行を1ページに印刷」を選択)
設定の流れ【リボンから設定する場合】
① 「ページレイアウト」タブを選択
② 「ページ設定」の右下のアイコンをクリック
設定の流れ(リボンから)①
③ 「次のページ数に合わせて印刷」を選択し、横に「1」を入力し、縦は空白にする。
(横に長いデータの場合は、横を空白にし、縦に「1」を入力する)
設定の流れ(リボンから)②
※ より詳しい解説はここから下に続きます。
スポンサーリンク

縦や横に長いデータの見出しを1ページに収める方法

縦や横に長いデータの見出しを1ページに収めて印刷する方法はいくつかありますが、今回は2つの方法をご紹介しています。

印刷画面から設定する場合

印刷画面を開いたら、画面左下にある「拡大縮小なし」をクリックします。

拡大縮小なしをクリック

すると、次のような一覧が表示されますので、縦に長いデータの場合は「すべての列を1ページに印刷」を横に長いデータの場合は「すべての行を1ページに印刷」をクリックしましょう。

すべての列を1ページに印刷をクリック

以上で設定は完了です。

リボンから設定する場合

リボンから行う場合は、「ページレイアウト」タブの「ページ設定」から行います。

設定の流れ(リボンから)①

②のアイコンをクリックすると「ページ設定」のダイアログが表示されますので、「拡大縮小印刷」の「次のページ数に合わせて印刷」を選択しましょう。

設定の流れ(リボンから)②

そして、縦に長いデータの場合は、横に「1」を入力し、縦の欄は数字を削除して空白にしましょう。

横に長いデータの場合は、逆に縦の欄に「1」を入力し、横の欄は空白にしておきましょう。

これで設定完了です。

まとめ

縦や横に長いデータは、そのまま印刷すると見づらくなります。

しかし、このページで紹介したように見出しを1ページに収めることで、見やすさがぐんとアップします。ぜひおタメしください。

以上、このページでは、縦や横に長いデータをはみ出さないように印刷する方法をご紹介しました。