グラフの省略を表すときに使える波線の描き方

サーフボードの上から

グラフを省略したり、表を省略したり、図を省略したり・・・省略するときによく使われるのが波線です。

エクセルで波線を描く方法については、前にご紹介しました。

エクセルで簡単にきれいな波線を引く方法
エクセルでは、直線や曲線を引く機能がありますが、波線はどうやって引くのでしょうか。 今回は、意外とわかりづらい波線の描き方についてご紹介します。

しかし、この波線で省略を表そうとすると、少し物足りないんですよね~。

物足りない波線

ということで、今回は、省略に使える波線の描き方をご紹介します。

波線を描いてみましょう

2つのパターンを作成しましたのでお好きな波線を使ってください。

その前に・・・波線の描き方をおさらい

これからご紹介する波線は、前にご紹介した波線を応用したものです。

波線の描き方は、下記の記事をご覧ください。

エクセルで簡単にきれいな波線を引く方法
エクセルでは、直線や曲線を引く機能がありますが、波線はどうやって引くのでしょうか。 今回は、意外とわかりづらい波線の描き方についてご紹介します。

パターン1

パターン1の波線

パターン1の波線は、普通の波線を少しアレンジするだけです。

まず、波線を描きます。

波線を引く

そして、波線の太さを少し太めに変更します。

波線を太くする

最後に波線に影をつけます。

影をつける

① 「書式」タブをクリック

② 「図形の効果」をクリック

③ 「影」にマウスカーソルを合わせる

④ 影をクリック

波線に影をつける

これで、完成です!

完成

パターン2

パターン2

パターン2の枠線は少しテクニックが必要です。

まず、波線を描きます。

波線を描く

この波線の太さを太くします。

だいたい12ptくらいがいいでしょう。

太くする

この波線をコピーします。

コピーする

次に、コピーされた新しい波線の色を白に変更します。

色を白くする

波線の色を白に変更したら、次は、太さを10.5ptに変更します。

白い波線の太さを10.5ptにする

そして、最後に2つの波線を重ね合わせます。

波線を重ねる

① Ctrlキーを押しながら二つの波線を選択する。

② 「書式」タブをクリック

③ 「配置」をクリック

④ 「左右中央揃え」をクリック

⑤ そのまま「上下中央揃え」をクリック

2本の波線を重ねる

これで、完成です!

パターン2の完成

しかし、このままだと移動したりするときに、上に重ね合わせた波線だけが移動したりして使いづらいです。

移動するときが不便

そこで、使いやすくするためにこの波線をグループ化しましょう

図形のグループ化

① グラフが選択された状態で右クリック

② 「グループ化」→「グループ化」を選択

波線をグループ化する

こんなときにためセル!

グラフなどを省略したいときに使えますよ。

波線で省略したグラフを作成する方法
グラフを作成するときに、いくつかの項目だけ数字がとびぬけていることはありませんか。 そういう状態でグラフを作成すると、次のようになって見づらくなるんですよね。 今回は、波線で省略したグラフを作成する方法をご紹介します。