COUNTA関数-データが入力されたセルを数える-

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

COUNTA関数は、範囲内の、データ入力されたセルの個数を数える関数です。

関数の構成:

=COUNTA(値1,値2,・・・,値255)

各要素の説明
値1255 必須個数を数えたいセルの範囲を指定します。
数値だけでなく、文字列やスペースなど、何らかのデータが入力されたセルを数えます。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

こんなときにためセル!

応用ワザ

エクセルで選択肢を追加・削除・変更すると自動的に反映されるドロップダウンリストの作り方

エクセルのドロップダウンリスト(プルダウンリスト)は、選択肢を追加・削除しても、自動的にはリストが更新されません。 このページでは、選択肢を追加、削除、変更すると自動的に項目が変更されるドロップダウンリストの作り方をご紹介します。
エクセル関数

COUNTA関数-データが入力されたセルを数える-

データが入力されたセルを数えるエクセル関数「COUNTA」についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました