INDEX関数の記事一覧

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

INDEX関数は、指定した範囲(配列)内の下に〇番目、さらに右に□番目のセルの値を返す関数です。

関数の構成:

=INDEX(配列,行番号,[列番号]

各要素の説明
配列 必須セル範囲を指定します。
セル範囲は、縦に1列(例:A1:A10など)でも、横に1行(例:A1:Z1など)でも、縦横複数行列(例:A1:Z10など)でもかまいません。
行番号 必須配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの行番号(上から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が横に1行の場合は、列番号(左から何番目か)を入力します。
列番号 省略可配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの列番号(左から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が縦に1列または横に1行の場合は入力不要です。逆に、セル範囲が縦横に複数行列(例:A1:Z10など)の場合は入力が必須となります。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

応用ワザ

エクセルで元データを並べ替えずに大きい順や小さい順のグラフを作成する方法

エクセルで数値の大きい順や小さい順にグラフを作成するには、グラフの元データを並べ替えればよいのですが、元データはいじりたくないという場合があります。 このような場合でも、順番に並んだグラフを作成する方法をご紹介します。
応用ワザ

エクセルで表やデータベースから入力値に紐づくデータを求める方法【INDEX+MATCH編】

エクセルに例えば社員名簿のようなデータベースがある場合に、別のセルに入力された社員番号ををもとに、その社員の名前を検索して表示させる方法をご紹介します。
エクセル関数

INDEX関数-範囲内で指定した位置にある値を返す-

範囲内で指定した位置にある値を返すエクセル関数「INDEX」についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました