ためセル!では、広告を掲載しています。

INDEX関数-範囲内で指定した位置にある値を返す-

エクセル関数
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
この記事は約1分で読めます。
[AD]

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

INDEX関数は、指定した範囲(配列)内の下に〇番目、さらに右に□番目のセルの値を返す関数です。

関数の構成:

=INDEX(配列,行番号,[列番号]

各要素の説明
配列 必須 セル範囲を指定します。
セル範囲は、縦に1列(例:A1:A10など)でも、横に1行(例:A1:Z1など)でも、縦横複数行列(例:A1:Z10など)でもかまいません。
行番号 必須 配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの行番号(上から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が横に1行の場合は、列番号(左から何番目か)を入力します。
列番号 省略可 配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの列番号(左から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が縦に1列または横に1行の場合は入力不要です。逆に、セル範囲が縦横に複数行列(例:A1:Z10など)の場合は入力が必須となります。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

役に立った

ためセル!ではエクセルのちょっとしたテクニックや裏技などをご紹介していますが、エクセルを使いこなすことで時短につながり、早く仕事を終えることができるようになります。

でも、早く帰れるようになったら、残業代も減ってしまう・・・?

いやいや、そうではなく、早く帰る時間ができたら、その空いた時間をうまく活用して、残業代以上に副収入を得られる可能性があります。

下のページでは、実際にわたしが挑戦したスキマ時間で副収入を得る方法をご紹介します。

そのほか、オフィスアイテムでお困りではないですか。

こんなときにためセル!

応用ワザ
入力したデータから重複を除いた一覧を自動で作成・更新する方法
エクセルでは重複やダブりを削除する方法がいくつかあります。 このページでは、その中でも関数を使った方法によって、リアルタイムに重複を除いたリストを作成する方法をご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
応用ワザ
エクセルで元データを並べ替えずに大きい順や小さい順のグラフを作成する方法
エクセルで数値の大きい順や小さい順にグラフを作成するには、グラフの元データを並べ替えればよいのですが、元データはいじりたくないという場合があります。 このような場合でも、順番に並んだグラフを作成する方法をご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
応用ワザ
エクセルで表やデータベースから入力値に紐づくデータを求める方法【INDEX+MATCH編】
エクセルに例えば社員名簿のようなデータベースがある場合に、別のセルに入力された社員番号ををもとに、その社員の名前を検索して表示させる方法をご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
エクセル関数
INDEX関数-範囲内で指定した位置にある値を返す-
範囲内で指定した位置にある値を返すエクセル関数「INDEX」についてご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code