ためセル!では、広告を掲載しています。

IF関数-条件によって答えを分岐させる-

エクセル関数
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
この記事は約1分で読めます。
[AD]

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

IF関数は、条件を満たすか満たさないかの結果に応じて、答えを変える(分岐させる)関数です。

関数の構成:

=IF(論理式,論理式を満たす場合の答え,論理式を満たさない場合の答え)

各要素の説明
論理式 必須 答えを分岐させるための条件を数値、式、文字列で入力します。
論理式を満たす場合の答え 省略可 論理式の条件を満たす場合の答えを入力します。
※省略した場合は、TRUEと表示されます。
論理式を満たさない場合の答え 省略可 論理式の条件を満たさない場合の答えを入力します。
※省略した場合は、FALSEと表示されます。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

役に立った

ためセル!ではエクセルのちょっとしたテクニックや裏技などをご紹介していますが、エクセルを使いこなすことで時短につながり、早く仕事を終えることができるようになります。

でも、早く帰れるようになったら、残業代も減ってしまう・・・?

いやいや、そうではなく、早く帰る時間ができたら、その空いた時間をうまく活用して、残業代以上に副収入を得られる可能性があります。

下のページでは、実際にわたしが挑戦したスキマ時間で副収入を得る方法をご紹介します。

そのほか、オフィスアイテムでお困りではないですか。

こんなときにためセル!

応用ワザ
入力したデータから重複を除いた一覧を自動で作成・更新する方法
エクセルでは重複やダブりを削除する方法がいくつかあります。 このページでは、その中でも関数を使った方法によって、リアルタイムに重複を除いたリストを作成する方法をご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
エクセルの困った
エクセルで条件として「未入力の場合」を表す方法
このページでは、エクセル関数のIF関数やCOUNTIF関数などで「未入力」のセルかどうかを判定する方法についてご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
エクセルの困った
エクセルで計算の結果「何も表示しない」を入力する方法
このページでは、エクセルの計算で「何も表示しない」を答えとする方法をご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code
エクセル関数
IF関数-条件によって答えを分岐させる-
条件によって答えを分岐させるエクセル関数「IF」についてご紹介します。
QRコードを読み込んでスマホへ送る QR Code