IF関数-条件によって答えを分岐させる-

エクセル関数
この記事は約1分で読めます。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

IF関数は、条件を満たすか満たさないかの結果に応じて、答えを変える(分岐させる)関数です。

関数の構成:

=IF(論理式,論理式を満たす場合の答え,論理式を満たさない場合の答え)

各要素の説明
論理式 必須答えを分岐させるための条件を数値、式、文字列で入力します。
論理式を満たす場合の答え 省略可論理式の条件を満たす場合の答えを入力します。
※省略した場合は、TRUEと表示されます。
論理式を満たさない場合の答え 省略可論理式の条件を満たさない場合の答えを入力します。
※省略した場合は、FALSEと表示されます。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

スポンサーリンク
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
スポンサーリンク
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こんなときにためセル!

エクセル関数
IF関数-条件によって答えを分岐させる-
条件によって答えを分岐させるエクセル関数「IF」についてご紹介します。
この記事は役に立ちましたか?

役に立ったと思ったら下のハートをクリックして教えてください。

エクセルをもっと学びたい方は・・・
全国各地に100校以上の教室を開校!
カリキュラムが充実しており、幅広い層の方におすすめ!
「週2回」「月8回」の2つの学習スタイルで自分に合ったスケジュールで学べる!
「個別カウンセリング」を実施!
エクセル関数
ためセルをフォローする
スポンサーリンク
ためセル!~すぐ試せるエクセルのサイト~
タイトルとURLをコピーしました