IF関数の記事一覧

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

IF関数は、条件を満たすか満たさないかの結果に応じて、答えを変える(分岐させる)関数です。

関数の構成:

=IF(論理式,論理式を満たす場合の答え,論理式を満たさない場合の答え)

各要素の説明
論理式 必須答えを分岐させるための条件を数値、式、文字列で入力します。
論理式を満たす場合の答え 省略可論理式の条件を満たす場合の答えを入力します。
※省略した場合は、TRUEと表示されます。
論理式を満たさない場合の答え 省略可論理式の条件を満たさない場合の答えを入力します。
※省略した場合は、FALSEと表示されます。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

エクセルの困った

エクセルで条件として「未入力の場合」を表す方法

このページでは、エクセル関数のIF関数やCOUNTIF関数などで「未入力」のセルかどうかを判定する方法についてご紹介します。
エクセルの困った

エクセルで計算の結果「何も表示しない」を入力する方法

このページでは、エクセルの計算で「何も表示しない」を答えとする方法をご紹介します。
エクセル関数

IF関数-条件によって答えを分岐させる-

条件によって答えを分岐させるエクセル関数「IF」についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました