MATCH関数-対象データの位置を調べる-

エクセル関数
この記事は約1分で読めます。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

MATCH関数は、検索したいキーワードが、指定した範囲の1番上または1番左から何番目にあるかを調べる関数です。

関数の構成:

=MATCH(検索値,検査範囲,[照合の種類]

各要素の説明
検索値 必須検索したいキーワードを入力します。
検査範囲 必須検査値を検索するセルの範囲を入力します。
※必ず縦に1列か、横に1行となるように指定します。
 例)A1:A10➡OK A1:Z1➡OK A1:B10➡NG
照合の種類 省略可照合の種類を ー1,0,1のいずれかから指定します。
※省略した場合は1となります。

 

-1検査値以上の最小の値を検索します。
 ※データを降順に並べる必要があります。
 0検査値と完全に一致する最初のデータを検索します。
 ※データの順番は自由です。
 1検査値以下の最大の値を検索します。
 ※データを昇順に並べる必要があります。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

スポンサーリンク

こんなときにためセル!

応用ワザ
エクセルで元データを並べ替えずに大きい順や小さい順のグラフを作成する方法
エクセルで数値の大きい順や小さい順にグラフを作成するには、グラフの元データを並べ替えればよいのですが、元データはいじりたくないという場合があります。 このような場合でも、順番に並んだグラフを作成する方法をご紹介します。
応用ワザ
エクセルで表やデータベースから入力値に紐づくデータを求める方法【INDEX+MATCH編】
エクセルに例えば社員名簿のようなデータベースがある場合に、別のセルに入力された社員番号ををもとに、その社員の名前を検索して表示させる方法をご紹介します。
応用ワザ
エクセルで「百」や「十」などが含まれる漢数字(百二十三など)を数字(123)に変換する方法
「百二十三」のように「百」や「十」などが含まれる漢数字を数字に変換する方法についてご紹介します。
エクセル関数
MATCH関数-対象データの位置を調べる-
対象データの位置を調べるエクセル関数「MATCH」についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました