エクセルで改元後の新元号「令和」を表示させる方法

エクセルの困った
この記事は約2分で読めます。

ここからはエクセルで改元後の新元号「令和」を表示させる方法について、詳しく説明していきましょう。

改元に対応させるためアップデートを行う

Microsoft社からはすでに次のようにアナウンスがされています。

Windows 上の Office が日本の新元号を正しく処理するために、Windows と .NET Framework の両方を新元号に対応するバージョンに更新する必要があります。   

とありますが、ネットワークに接続されているWindowsのパソコンであれば、定期的な更新で、自動的にアップデートされます。(自動更新がオフになっている場合などは、手動でのアップデートが必要です。)

その他のデバイス (Mac、Android、または iOS) については、特定のプラットフォームの更新プログラムがストアからそのプラットフォーム向けに提供され、ストアの更新ポリシー に従って適用されます。   オペレーティング システムと Office アプリケーションの両方の更新プログラムをインストールしてください。

とありますので、MacやiOS、Androidの場合は、各アプリストアから最新版をインストールするか、または自動更新されるようになっているようです。

「日付」で入力していれば自動で「令和」となる

無事、アップデートが完了している場合、2019年5月1日以降の「日付」が入力されたセルは、「令和」と表示されます。

アップデート後は自動で「令和」になる

日付として入力されたセルは、入力ボックスが「2019/5/1」などのように表示されます。

日付として入力する

こんなときはためセナイ・・・

文字列として入力されたセルは、自動で「令和」に変換されません。

「文字列」で入力されている場合は、「令和」に変換されない

文字列として入力されたセルは、入力ボックスが「2019/5/1」などのように表示されません。 直接「平成31年5月1日」と入力されています。

文字列として入力したセル

まとめ

OSに関係なくアップデートをすることで簡単に「令和」を表示させることができます。

ただし、自動で「令和」と表示させるためには、元のデータが「日付」として入力されている必要があります。

 

以上、エクセルで改元後の新元号「令和」を表示させる方法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました