エクセルでセルの結合や解除をショートカットキーで行う方法

意外と知らない小ワザ
この記事は約6分で読めます。
[AD]

エクセルではセルを結合することができますが、セルを結合するときはリボンから「セルの結合」を選んだり、右クリックして「セルの書式設定」から結合したりと、手順が結構めんどくさいです。

「セルの結合」のショートカットがあれば、楽に結合できて便利なのですが、残念ながらエクセルにはそのようなショートカットは用意されていないのです

しかし、「セルの結合」のショートカットは自分で作ることができます

このページでは、エクセルでセルの結合や解除をショートカットキーで行う方法をご紹介します。

[AD]

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

セルの結合をショートカットキーで行うには、あらかじめ「セルの結合」をクイックアクセスツールバーに登録しておきます。そうすれば、Alt数字キーでセルの結合ができるようになります。

【準備】 クイックアクセスツールバーに「セルの結合」を登録する。

 リボンの「ホーム」タブの「セルを結合して中央揃え」のそばの▼をクリックする。

 「セルの結合」の上で右クリックする。

 「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックする。

 Altキーを押して、ショートカットに使う数字キーを確認する。

【実践】 ショートカットキーを使ってセルを結合する。

 結合したいセルを選択する。

 Altキーと数字キーを押す。

※ 環境によって押す数字キーは変わります。この場合はとなります。

※ より詳しい解説はここから下に続きます。

スポンサーリンク
DMMFX

セルの結合のショートカットを用意する

ここからは、セルの結合をショートカットで行う方法について詳しく説明します。

最初にもお伝えしたとおり、エクセルにセルの結合のショートカットは用意されていません。しかし、次の方法でショートカットを作ることができます。

[AD]
[AD]

クイックアクセスツールバーを利用する

クイックアクセスツールバーとは、開いているタブに関係なく常に表示されている部分で、よく使う機能を登録しておける場所です。

クイックアクセスツールバーに追加された機能は、Alt数字キーで実行することができるようになるため、結果的に追加した機能のショートカットになるということです。

例えば、下の図の例だと、Altでクイック印刷ができます。

クイックアクセスツールバーにセルの結合を追加する

クイックアクセスツールバーに機能を追加するには、リボン上の追加したい機能の上で右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックするだけです。

今回は「セルの結合」を追加するので、ホームタブにある「セルを結合して中央揃え」の右にある「▼」をクリックします。

表示されたメニュー中の「セルの結合」の上で右クリックをします。

右クリックメニューの中から「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックします。

これで、「セルの結合」がクイックアクセスツールバーに追加されます。セルの結合のアイコンがクイックアクセスツールバーに表示されているはずです。

ついでに「セルの結合の解除」もクイックアクセスツールバーに追加しておくと、結合も解除もショートカットで実行できてとても楽になります。

なお、エクセルに設定が保存されるので、クイックアクセスツールバーへの追加は1回だけ行えばOKです。(開くファイルが違っても、引き継がれます。)

[AD]
[AD]

ショートカットキーを確認する

「セルの結合」と「セルの結合の解除」が追加できたら、これらをショートカットで実行するための数字キーを確認します。

Altキーを押すと、下の図のようにクイックアクセスツールバー上のアイコンの周辺に数字が表示されます。これがショートカットに使うキーとなります。

この図の例だと、結合はAltキーと「5」、解除はAltキーと「6」がショートカットキーになります。

ショートカットに使われるキー(数字キー)は、クイックアクセスツールバーの登録状況によって変わってきますので、ご注意ください。

ショートカットキーでセルを結合する

それでは、実際にショートカットキーで結合してみましょう。

結合したいセルを選択して、Altを押します。

すると、下の図のようにセルが結合されました。

結合を解除するときはAltを押します。

どうですか?解除されましたか?

[AD]
[AD]

セルを結合するその他のショートカット

ここまで説明してきたように、セルの結合のショートカットはクイックアクセスツールバーを利用して、Alt数字キーで実行することができますが、他の機能を登録しているためにクイックアクセスツールバーの空きがないなど、何らかの理由でクイックアクセスツールバーが利用できない場合は、違う方法でもショートカットをすることができます。

他のショートカット方法①(Ctrl+Y)

セルの結合のショートカットは、条件によっては、CtrlYでも行うことができます。

しかし、「条件によっては・・・」です。

というのも、そもそもCtrlYは、繰り返しのショートカットです。

つまり、事前に実行した処理を再度行わせるものです。

そのため、一度、マウスを使ってセルの結合をしてしまえば、次回は、CtrlYでセルの結合ができるようになります。

しかし、途中でセルの結合以外の処理を行ってしまうと、このショートカットを実行しても、違う処理が実行され、セルの結合ではなくなってしまいます。

このページで紹介したクイックアクセスツールバーを利用する方法だと、直前の処理に関係なく、ショートカットを利用することができますので、おすすめです。

[AD]
[AD]

他のショートカット方法②(Alt→H→M→M)

次は条件によらず、いつでもセルの結合が実行できるショートカットです。

エクセル上でAltキーを押すと、クイックアクセスツールバーだけでなく、リボン上にもアルファベットが表示されます。

実は、表示されたアルファベットのキーを押すと、クイックアクセスツールバーと同じように、そのアルファベットに対応した処理が実行されるのです。

それでは、この機能を使って、セルの結合を行ってみましょう。

まず、結合したいセルを選択し、Altキーを押します。

セルの結合は「ホーム」タブにありますので、「ホーム」タブを選択するため、そこに表示されたHを押します。

すると、新たにアルファベットが表示されます。

この中の「セルを結合して中央揃え」の周辺に表示されるMを押します。

最後に、「セルの結合」の周辺に表示されるMを押します。

これでセルの結合ができました。

まとめるとAltHMMです。

最初は画面を見ながら、押すキーの順番を覚えていくといいと思います。

ちなみに結合の解除は、AltHMUです。

この方法だと先ほどのCtrlYとは違い、条件によらずいつでも実行でき、また、結合の解除も実行できるのですが、最初にご紹介したクイックアクセスツールバーを利用する方法よりも押すキーの数が多く、覚えにくいので、やはりクイックアクセスツールバーを利用する方法がおすすめです。

[AD]
[AD]

まとめ

セルの結合や結合の解除はよく使う機能ですので、クイックアクセスツールバーに登録してショートカットとして利用することで、エクセル操作がとても便利・簡単に、そして早くなりますので、ぜひおタメしください。

以上、エクセルでセルの結合や解除をショートカットキーで行う方法をご紹介しました。

ためセル!公式Youtubeチャンネルでもご紹介
タイトルとURLをコピーしました