INDEX関数-範囲内で指定した位置にある値を返す-

エクセル関数
この記事は約1分で読めます。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

INDEX関数は、指定した範囲(配列)内の下に〇番目、さらに右に□番目のセルの値を返す関数です。

関数の構成:

INDEX(配列,行番号,[列番号]
各要素の説明
配列 必須セル範囲を指定します。
セル範囲は、縦に1列(例:A1:A10など)でも、横に1行(例:A1:Z1など)でも、縦横複数行列(例:A1:Z10など)でもかまいません。
行番号 必須配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの行番号(上から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が横に1行の場合は、列番号(左から何番目か)を入力します。
列番号 省略可

配列で指定したセル範囲内で、値を抽出したいセルの列番号(左から何番目か)を入力します。
配列で指定したセル範囲が縦に1列または横に1行の場合は入力不要です。逆に、セル範囲が縦横に複数行列(例:A1:Z10など)の場合は入力が必須となります。

対応バージョン:365 2019 2016 2013 2010 2007

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました