「セルの結合」も「結合の解除」もショートカットですばやく簡単に行う方法

エクセルでは、セルを結合することがよくありますよね。

でも、セルを結合するときって、リボンから「セルの結合」を選んだり、セルの書式設定から結合したりと、手順が結構めんどくさいですよね。

「セルの結合」のショートカットがあれば、楽に結合できて便利なのですが、エクセルでは「セルの結合」のショートカットは標準では用意されていません

でも、「セルの結合」のショートカットは自分で作ることができるのです!

ということで、今回はセルの結合を簡単にできるショートカットをご紹介したいと思います。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

【準備】 クイックアクセスツールバーに「セルの結合」を登録する
【実践】 Alt + 数字キー(環境によって異なる)がショートカットになる!
※ より詳しい解説はここから下に続きます。

セルの結合はめんどくさい

しかし、セルの結合って本当にめんどくさいですよね。

① 結合範囲の選択

② 「ホーム」タブを選択

③ 「セルを結合して中央揃え」の右の▼をクリック

④ 「セルの結合」をクリック

という風に4つの手順を踏まなければいけません。

結合の操作はめんどくさい

もしくは、セルの書式設定を開いて、「セルを結合する」にチェックを入れる・・・

セルの書式設定からの結合もめんどくさい

これも少しめんどくさいですね。

「セルの結合」のショートカットを作ってしまえば、こんな面倒なことをしなくてもよくなります。

セルの結合のショートカットを作ろう

クイックアクセスツールバーを利用しよう

エクセルには、クイックアクセスツールバーというものがあります。

クイックアクセスツールバー

クイックアクセスツールバーとは、開いているタブに関係なく常に表示されているもので、よく使う機能を登録しておける場所となっています。

ところで、Altキーを押すと、クイックアクセスツールバーには下の図のように数字が表示されます。

Altキーを押すと数字が表示される

これは、Altキーとその数字キーを押すことで、その機能を実行させることができることを表しています。

上の図でいえば、クイック印刷が4番となっていますので、Alt + でクイック印刷をすることができます。

Alt+4でクイック印刷ができる

ここまで来たら気づいた方もいるかと思いますが、このAltを使ったショートカット機能を利用して、「セルの結合」のショートカットを作ろうということです!

クイックアクセスツールバーにセルの結合を追加しよう

それでは、クイックアクセスツールバーに「セルの結合」を追加しましょう。

クイックアクセスツールバーに機能を追加するには、リボン上の追加したい機能の上で右クリック→「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックという流れです。

クイックアクセスツールバーに機能を追加する方法は下のエントリーでも詳しく説明しています。

クイックアクセスツールバーをカスタマイズする方法
エクセルでは、リボンごとに機能がまとめられているため、目的の機能を探すときはとてもわかりやすいです。 しかし、よく使う機能はいちいちリボンのタブを変えずに実行したいですよね。 そんな時に大変便利なのが「クイックアクセスツールバー」です。

ということなので、次の図のように「セルの結合」と、「セルの結合の解除」をクイックアクセスツールバーに登録してみましょう。

クイックアクセスツールバーにセルの結合を追加する

実際にショートカットを使ってみましょう

「セルの結合」と「セルの結合の解除」が登録できたら、これらを実行するための番号を確認しましょう。

登録完了

ここでAltキーを押してみると、結合は「5」、解除は「6」ということがわかりました。(この番号は、クイックアクセスツールバーの登録状況によって変わります。)

ショートカットの番号を確認

では、実際にショートカットで結合できるかタメしてみましょう。

結合したいセルを選択して、Alt + を押してみると・・・

ショートカットで結合できる

きちんと結合できました!

結合の解除はAlt + ですね。

こぼれ話(Ctrl+Yでも結合可能?)

セルの結合のショートカットは、条件によっては、Ctrl + Yでも行うことができます。

しかし、「条件によっては・・・」です。

というのも、そもそもCtrl + Yは、繰り返しのショートカットです。

つまり、事前に実行した処理を再度行わせるものです。

そのため、一度、マウスを使ってセルの結合をしてしまえば、次回は、Ctrl + Yでセルの結合ができるようになります。

しかし、セルの結合以外の処理を間に挟んでしまうと、その処理が実行され、セルの結合ではなくなってしまいます。

なので、Ctrl + Yを使う方法は、あまり実践向きではないと思います。

このページで紹介したクイックアクセスツールバーに登録する方法だと、事前の処理に関係なく、ショートカットを利用することができますので、セルの結合をショートカットで実行したい場合は、この方法をご利用ください。

まとめ

セルの結合や結合の解除はよく使う機能ですので、クイックアクセスツールバーに登録してショートカットとして利用することで、エクセル操作がとても便利・簡単に、そして早くなりますので、ぜひおタメしください。

以上、「セルの結合」も「結合の解除」もショートカットですばやく簡単に行う方法でした。

▼今のおすすめ記事▼

みんなに教えたくなる!意外と知られていないエクセルの時短テクニック6選
このページでは、本サイトで紹介している「意外と知らない小ワザ」の中でも特に作業スピードの向上(作業効率化や時短)につながるテクニックをまとめてご紹介します。