セルや行・列の追加・削除のショートカットは覚えやすいから覚えておこう

エクセルでは、セルを追加したり削除したりできますが、まさかわざわざマウスで右クリックして追加・削除していませんよね。

セルの追加・削除のショートカットは覚えやすいので、ぜひ覚えておきましょう。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

<セル・行・列の追加>
① セル・行・列を選択する
② CtrlShift + 
※つまりCtrlを押す。
<セル・行・列の削除>
① 削除したいセル・行・列を選択する
② Ctrl
※ より詳しい解説はここから下に続きます。

セルの追加・削除のショートカット

セルを追加するショートカットは、CtrlShiftです。

一見すると、3つのキーを覚える必要がある(しかも、なんてあまり使わないし、どこにあるのかもわからない)ので、覚えるのが難しそうですが、そんなことはありません。

よく見てみると、Shiftのことを表しています。

つまり、セルを追加するためのショートカットは、Ctrlで覚えておけばよいのです。

セルを追加するので+(プラス)と覚えておきましょう。

逆にセルの削除は、Ctrlです。

これもわかりやすいですね。

セルを削除するのでー(マイナス)と覚えておきましょう。

行・列の追加・削除も同じショートカットで

行や列の追加や削除もセルと同じショートカットです。

行を選択した状態で、CtrlShiftCtrlを押せば、行の追加・削除となります。

列の場合も同様です。

まとめ

セルや行・列の追加するためのショートカットは、+(プラス)。

削除するためのショートカットは、-(マイナス)と覚えておきましょう。

以上、このページでは、セルや行・列の追加・削除のショートカットをご紹介しました。