COUNTIFS関数-複数の条件に合ったセルを数える-

エクセル関数
この記事は約1分で読めます。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

COUNTIFS関数は、指定された範囲に含まれるセルのうち、複数の検索条件にすべて一致するセルの個数を数える関数です。

関数の構成:

=COUNTIFS(条件範囲1,検索条件1,[条件範囲2],[検索条件2],・・・)

各要素の説明
条件範囲1 必須検索条件1を満たすかどうか確認するセルの範囲を指定します。
検索条件1 必須条件範囲1の各セルが、数える対象となる条件を数値、式、文字列で入力します。
条件範囲2,検索条件2,・・・省略可2つ目以降の数える対象とするかどうかを判定する範囲とその条件を入力します。
※最大127組の範囲・条件を指定できます。

対応バージョン:365 2019

こんなときにためセル!

エクセル関数
COUNTIFS関数-複数の条件に合ったセルを数える-
複数の条件に合ったセルを数えるエクセル関数「COUNTIFS」についてご紹介します。
意外と知らない小ワザ
エクセルで条件付き順位を出す方法 RANKIF関数はない?
条件を付けて順位を求めたい場合、RANKIF関数を使いそうですが、エクセルにはRANKIF関数はありません。しかし別の関数を応用することで、条件付きの条件を求めることができます。このページでは、条件付きで順位を求める方法をご紹介します。
意外と知らない小ワザ
エクセルで順位を求めるRANK関数はある別の関数で代用できる!
順位を求めるときに使用するRANK関数。実は、ある関数でも順位を求めることができるんです。 このページでは、ちょっとした小ネタとしてRANK関数の代わりになる関数をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました