特定の行や列を常に表示させたいときは「ウインドウ枠の固定」を使おう

ウインドウ

データの多い表を作成しているとき、画面をスクロールしていざ入力しようとすると、

「あれ?このセルの項目は何だっけ?」

となることありませんか?

1

こんなときに役立つのが「ウインドウ枠の固定」機能です。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

① 固定したい行のひとつ下の行、または固定したい列のひとつ右の列を選択
② 「表示」タブをクリック
③ 「ウインドウ枠の固定」をクリック
④ 「ウインドウ枠の固定」をクリック
ウインドウ枠固定のポイント
※ より詳しい解説はここから下に続きます。
スポンサーリンク

ウインドウ枠を固定する方法

ウインドウ枠の固定は、「行の固定」「列の固定」「行と列の固定」の3種類があります。

それぞれの違いを踏まえながら使用例を説明していきます。

行または列の固定

行の固定は下の図のように、下にスクロールしても固定された行はスクロールされなくなる状態のことを言います。

行固定とは

ちなみに、列の固定は、右にスクロールしても固定された列が動かなくなります。

設定方法

行または列を固定するときは、設定したい行のひとつ下の行(列の場合は、ひとつ右の列)を選択します。

大事なことなのでもう一度書きますが、設定したい行(列)のひとつ下(右)の行(列)を選択してください。

行の固定をするにはひとつ下の行を選択する

上の例でいえば、1行目を固定したいので2行目を選択します。

この状態で「表示」タブから「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定」とクリックします。

「表示」タブの「ウインドウ枠の固定」をクリックする。

設定はこれだけです。

これで、指定した行が固定されます。

ちなみに、列を固定したい場合は、最初に行を選択したところで列を選択すればOKです。

列の時はひとつ右の列を選択する

行と列の固定

行と列の両方を固定することができます。

両方を固定すると、下にスクロールしても動かない部分、右にスクロールしても動かない部分を作ることができます。

行列で固定すると下・右にスクロールしても固定される。

下にも右にも長いデータを扱うときは大変便利ですよ。

設定方法

行列の両方を固定するときは、セルを選択した状態で、「ウインドウ枠の固定」を設定します。

この場合も、固定したい行や列のひとつ下や右を選択する必要があります。

例 A列と1行目を固定したい場合

→ B2セルを選択(A列のひとつ下の列=B列)×(1行目のひとつ右の行=2行目

セルの選択ができたら、あとは、行または列の固定をした時と同じように「表示」タブ→「ウインドウ枠の固定」→「ウインドウ枠の固定」をクリックしましょう。

こんなときにためセル!

左または上に項目名があるようなデータを扱うときにウインドウ枠の固定を活用しましょう。

項目名が上・左にあるようなデータ