エクセルで簡単にきれいな波線を引く方法

波

エクセルでは、直線や曲線を引く機能がありますが、波線はどうやって引くのでしょうか

今回は、意外とわかりづらい波線の描き方についてご紹介します。

スグにためセル! – ここを読めばすぐ使える

① 行の高さと列の幅を同じ数値に変更して、エクセルを方眼紙のようにする。
エクセルが方眼紙のようになる
② 「図形」の「曲線」をクリックする。
③ 交差点を順番にクリックして波線を引く。
順番い交差点をクリックしていく
※ より詳しい解説はここから下に続きます。
スポンサーリンク

エクセル標準の「波線」「小波」を使ってみる

実は、エクセルには「波線」や「小波」という図形があります。

波線と小波

でも、これらの図形では、波の数が少なすぎるんです。

波が少ない

そのため、横に伸ばすと、ゆる~い波線になってしまいます。

ゆる~い波線になる

そして、1本線ではありません。あくまでも図形です。線ではないんです。

1本線ではない

ということで、もっと使い勝手の良い波線の描き方をご紹介します。

曲線を利用して波線を引く

実は、波線は「挿入」タブの「図形」にある「曲線」を利用しても描くことができます

挿入タブから曲線を選択する

「曲線」を選択した後、波のにしたい部分をクリックしていけば、波線になります。

曲線の使い方

しかし、このように波線を描こうとするとうまく描けません

あまりきれいじゃない波線

高さや幅がばらばらの波線になってしまいました・・・。

では、どうやるときれいな波線が描けるのでしょうか。

最初に行の高さと列の幅をあわせよう

いきなり話が飛んでしまったような感じがしますが、これでいいんです。

まずは、すべての行の高さと列の幅をそれぞれ同じ値にしましょう。

例えば、列の幅が72ピクセルなので、行の高さも72ピクセルにします。

列の幅を確認して行の高さを合わせる

すると、エクセル全体が方眼紙のようになります。

エクセルが方眼紙のようになる

交差点をクリックして波線を引こう

あとは、縦の線と横の線が交差したポイント(交点)を次々にクリックしていけば、きれいな波線が描けます。

順番い交差点をクリックしていく

曲線の最後はダブルクリックで終わりましょう。

波線の引き方

これで、きれいな波線を引くことができますね。

こんなときはためセナイ・・・

セルの角を使って波線を描くということは、Altキーを使えばいいんだなと思った方もいるかもしれませんね。

というのも、Altキーを使って直線を引けば、線がきちんとセルの枠線や交点の上にくっつくんですよね。

しかし、残念ながら、曲線に関してはAltキーを押しながら描いても、きれいにセルの枠線にマウスがくっつかないのです。

少しズレる

でも、交点を目安にして曲線を引けば、目安がないときよりもきれいな波線を引くことができますので、今回ご紹介した方法をタメしてみる価値はありますよ!

まとめ

エクセルでは、何かと波線を使いたいときが出てきます。

そんな時に、今回ご紹介した方法できれいな波線を引いてみてください。

以上、このページでは、エクセルで簡単にきれいな波線を引く方法をご紹介しました。